癒し上手 2 〜癒しの練習〜




最初の気持ちに戻って…。






先日、「或る日の風景」でも少しふれたのですが

今回は「初心」についてお話させていただきます。
 

私が初心という言葉をとても大切に思うようになったのは

今から数年前、セラピーの勉強をしていた時の卒業検定の際

師匠(先生)から、次のような言葉をいただいたことからでした。


 「これからセラピストとして仕事をしていく中で

最初に『セラピストになりたい』と、思った時の気持ちを忘れないでほしい。

初心を忘れずに…というのはよく言われる言葉だけど

とても大切なことだと思うし、また、それを実行するのも難しいと思う。」


その後、私はセラピストとして仕事に就くことはなかったのですが

師匠からもらった、この言葉をとても大切に思っています。
 

私の場合、アクセサリー作りや、仕事に行き詰ったときには

アクセサリーをはじめて作ったときの、うきうき、わくわくした気持ちや

今の仕事に就いたときのとてもうれしく、感謝に思った気持ちなどを

できるだけ思い出すようにしています。
 
そうすることで、また意欲が湧いてきたり

本来の自分の気持ちを再確認できたりするのだと思います。

 
例えば今あなたが、恋人やパートナーとぎくしゃくしていたり

目標があるのに挫折しそうになったり…

物事が上手くいかなくなっていると感じていたら

初心を思い出してみてください。
 

すべての物事に当てはまるものではないのかもしれませんが

最初の気持ち=純心 にもどって(思い出して)みることが

自分自身の癒しにもつながるように思います。


少しでも、あなたの何かのヒントにでもなれば

とてもうれしく思います。
 
2009.02.07記





Back