癒し上手 2 〜癒しの練習〜




自分をコントロールする〜ポジティブでいるために〜





今回は、「自分をコントロールする」を、お伝えします。


普段はどちらかというと、物事を前向きに考える私ですが、ネガティブになることも…。

そのときに、そんな自分に気づいて、ポジティブに修正できればよいのですが

わかっていても、なかなかできないこともあります。


それと、ネガティブになっていることすら気づかないこともあります。


いつも「ポジティブでいよう」「プラス思考でいこう!」と、心がけていても

つい、悪い方へ考え出すと、いつのまにか、それに陥ってしまっていて…

入り込んでいるのだから、そんな自分に気づけないのも無理はないですよね(^^;) 

だから、まずは自分が今現在、ポジティブなのか、ネガティブなのかを

いつも自分自身で、客観的に観ていられることが大切なのだと思います。

(こちらの書籍成功の実現 でもお話されています)


それには、自分で「いつも自分を客観的に観るのだ」ということを

“常に意識している”ことが重要だと思います。

というより、常に意識をしていないと、良くない方へ考え出すと、

気づかないうちにどんどんそちらへ、はまっていってしまいますよね。(実際、私がそうです)(泣)


だからこそ常に意識をして、ネガティブな自分に気づいたら、すばやく修正してあげます。

しかし冒頭でお話ししたように、わかっていても、(例えば)怒っていたり、不安だったり、悲しんだり…

そんなネガティブな感情になっていたら、修正はなかなか難しいです。
(特に、マイナスの感情はどんどん膨らんでいくことが多いように思います)


それをコントロールするのは、自分しかいないのですが…。
(「それができれば、苦労しないよ〜」←ひとりツッコミ)


たとえば私などは、当サイトで偉そーなコトを言っていますが

人の言ったことにすぐカチンときたりします。


そんな自分に気づかずに怒ったり、いや〜な気持ちになることもありましたが

できるだけ「自分を客観的に観よう」と意識するようになってからは

そんなマイナスな気持ちになっても、わりとすぐに修正する方へ持っていけるようになりました。


そして、その修正の方法として、深呼吸をしながらクンバハカをします。

これは前出の書籍成功の実現 に書いてあるもので
すぐできる実践的な方法ですので、ためしてみてください。(詳細はこちらです


この“クンバハカ”が書いてある成功の実現

当サイトコンテンツ「こころに効く本」でもご紹介させていただいているもので

現在私の一番のお薦めの本ですので、よかったら読んでみてください。


このクンバハカは、医学博士でもある中村天風氏が考案されたもので

感情や感覚の刺激衝動が、心には感じても

神経系統に影響を与えないという影響を減ずる効果がある

という理にかなったものなのですが

私の場合、これを自分でやっていると、やりながら「ポジティブでいよう」という

自分の意識を高められたり、また、再認識できるという意味でも、とても効果があります。

よかったら、あなたも試してみてください…。


少しでも、何かのヒントや参考になればとてもうれしいです。


しかし…

私事ですが、すぐムキになったり、腹を立てたり…まだまだだな、と思ったりするのですが

「人間をやっていると、突然の状況に感情を感じるのは、ある程度はしかたないのかなー」

などと自分をなぐさめながらつつ、その良くない感情を感じた場合でも

できるだけ早くそこから抜け出すことができれば、まぁ、OKなんじゃないのかな♪

と、これもプラス思考!?


2009.02.27 記

こちらでご紹介した書籍



Back