癒し上手 2 〜癒しの練習〜



無邪気な瞬間(とき)を楽しむ





今回は「無邪気」についてお話をさせていただきます。


昨年末から ≪無邪気な風景≫ という ブログメルマガ をはじめていますが

きっかけは、たまにふと浮かぶ「無邪気」というキーワードが

私の中で大きくなったことでした。

一日のうちに必ず「無邪気な瞬間(とき)」を感じることを意識しようと思い

それらを発信することに決めたのです。


無邪気を辞書で調べると…

む‐じゃき【無邪気】

素直で悪気がないこと。いつわりや作為がないこと。また、そのさま。
「―ないたずら」「質問に―に答える」

あどけなくかわいらしいこと。また、そのさま。「赤ん坊の―な笑顔」

思慮に欠けること。また、そのさま。


大辞泉より

とあります。

この「
作為(=人が自分の意志で作り出すこと。)がない」瞬間を毎日、感じたいと思いました。

日々の暮らしの中で、作為(=人が自分の意志で作り出すこと。)は必要不可欠です。
(今、この下手な文章を、四苦八苦して書いているのも作為です(^^;) 

しかし、作為のない状態(それは瞬間的なものかもしれません)は

心にとって、とても大切なものだと思います。

そして、どんな人でも普段生活をしている中で

一日のうちに必ず無邪気な瞬間(とき)は存在しているのだと思います。

それに気づくか、見過ごすかの違いだけです。


私自身、≪無邪気な風景≫をスタートするまでは、忙しさにかまけて

どれだけの無邪気な瞬間(とき)を見過ごしてきたことでしょう…。


無邪気な瞬間(とき)は、ときめきの瞬間であり、奇跡の瞬間でもあります。

そしてそれは、魂を喜ばせてあげることなのだと、私は思っています。


≪無邪気な風景≫を発信するようになって再確認したのは

一日のうち「無邪気な瞬間(とき)」は、一瞬だとしても必ず存在します。

そしてそれが最高の贈り物だということも...。


あなたの無邪気な瞬間(とき)を、ぜひ意識してみてください。

そしてそれを楽しんでください。

きっとすばらしい贈り物があなたの心に届けられることと思います。



今日も、良き出来事がたくさん訪れますように。

そして、たくさんの笑顔に包まれますように…。



2012.01.12 記



home   Back