癒し上手 1 〜自分を信じる〜      




自分を好きになってよかったこと





  今回は私が「自分を好きになってよかったこと」のお話をします。

  これは「自分を好きになる方法」など、当サイト内で重複してしまうところもあると思うのですが
  「またおんなじこと言ってるー」と思って、見逃してやってください(^^ゞ
  それと、私の場合・・・の話なので、すべてあてはまるとは限りませんが
  少しでもあなたの参考になればうれしいです。


   自分を好きになってよかったことをひとことで言えば、「気持ちがらくになった」ことです。
   この「気持ちがらくになる」というのは、自分を好きになってよかったこと、全部につながっています。

   ▼ どんな状況でも希望を持つことができる

     自分が好き=自分を信じる=希望 この3つは、つながっていると思います。
     自分を好きになれたことで、自信を持つこと(自分を信じること)ができ、
     つらい状況になっても、前向きに希望を持っていられるようになりました。
     どんなたいへんな状況になろうと、希望を持っていたら乗り越えていけます。
     そして、希望は誰にも奪われることのないものなんですよね。


   ▼ 苦手な人(嫌いな人)がいなくなる

     自分が好き→自分を認める→他人も認めることができる、という感じで
     他人のことも、長所・短所あわせて「その人の個性」だと、思えるようになりました。
     他人の短所も「この人はこういうところも持っているんだな」って自然に思えるようになり
     できるだけ人の長所を見るようなクセも、知らない間にできていました。
     (若干違うのですが、これは前ページの自分を好きになる方法の「自分の長所・短所すべてを認める」
     という項目の「自分」のところを「他人」に変えて読んでいただいたら、参考になるかと思います。)


   ▼ 人間関係がよくなる

     苦手な人がいなくなると、自然と人間関係もよくなってきます。
     自分が「この人、苦手だな」って思っていると、だいたい相手も同じように思っている―
     と、よく言いますが、それと逆で自分が苦手な人がいないと
     相手からもそう思われていないということになると思います。


   ▼ 他人の目が気にならなくなった

     とはいうものの、やはり人には好き嫌いがあって、こちらが特に苦手に思っていなくても
     相手は自分のことをよく思っていない―ということが、私自身にも実際にあります。
     そんなとき、以前だと「自分は嫌われてるんだ」と落ち込んだりすることもありましたが
     今は「あの人は私のことが苦手なんだな」って自然に思える(認められる)ようになりました。
     (それも“相手を認めている”というところからきているのでしょうか)
     余談ですが・・・すべての人に好かれている人なんて、この世にはいない、と思うし。

     以前は他人が自分のことをどう思っているのか、とても気になって人の顔色ばかり見ていましたが
     今は不思議なくらい、他人が自分のことをどう思おうと「自分は自分」だって思えるようになりました。
     これは自分にとって、とーーってもらくなことなんです。


   ▼ 仕事がうまくいく

     大勢の人がいる職場、少人数の職場、一人だけの仕事・・・
     みなさんそれぞれだと思うのですが、多少の差はあっても仕事をしていたら
     人と接することはつきものですよね(仕事に限らずですが)。
     私の場合、大所帯の職場に派遣社員として勤めたことがあって
     やさしい人、難しい人、ちょっぴりこわい人など、いろんな人たちがいましたが
     職場の人、全員好きでした。
     そして契約期間終了で辞めるとき、職場の方たちから花束をいただいて、とても感謝でした。
     でも、それも以前の私だったら多分、苦手な人を作ってしまい
     憂鬱な、苦痛な毎日を過ごし、人にも不愉快な思いをさせていたと思います。


    
きれいになった(?)

     これは「以前に比べて・・」と、前置きさせてください(笑)
     よく「人は恋をするときれいになる」と言いますが、恋をすると自分のことを好きになるから・・・
     と、なにかで聞いたことがあります。
     自分を好きになると、自然と顔もすてきな表情になって、きれいになるのだと思います。

     それともうひとつ・・・
     私は、一重の目、低い鼻・・など、自分の顔の欠点ばかりが気になって、自分の顔が嫌いでした。
     でも、自分を認めてやると、「これが私の顔なんだ」って顔のことも認められるようになって
     「それなりの顔」(^^;でも、表情によってずいぶんきれいになれることに気づいたんです。


--------------------------------------------------------    


     いかがでしたでしょうか。

      私も、落ち込むこともあるし、いつも元気・・とはいきませんが
     「自分を信じる」ということが根っこにあるから、
     遠回りしながらでも、どんなときも希望を持って、前に進んでいるように思います。

     ほんの少しでも参考になって、あなたがもっともっと自分を好きになるきかっけになったら、
     とってもうれしいです。




おすすめの本


好きな自分、嫌いな自分、本当の自分―
自分の中に答えがみつかる方法


おすすめ度 ★★★★★

誰の中にも「色々な自分」がいるという考え方から始める、
サイコシンセシスの方法。自分で自分を癒し、解放して、充実した
自分らしい生き方を探していくための考え方と、その実際のガイドです。


自信―イライラと億劫の生活感情をのりこえる
 

おすすめ度 ★★★★

さまざまなことに挑戦し、自分を試し、実際の自分を知りさえすれば、
たとえ実際の自分がどのようなものであっても、
人は本物の「自信」を得る。―励まされる本です。

自分を好きになる言葉
おすすめ度 ★★★★★

いい子でいること、誰からも好かれようと思うこと、
すべてを100点満点にしようと思うこと・・・もうやめましょう。
完璧な人間なんてどこにもいないのですから。
あなたの疲れきった心をやさしく包んでくれる82の安らぎ。




Back