つうのひとりごと




 *15*












春先にはちっちゃなバッタをよくみかけます。


この写真は親子かな。
こんなすがたを見たのははじめてで
思わず微笑んでしまいました。

















いよいよ本格的な暑さになってきましたね。

冷房が苦手な私には
夏はうちわが必需品!

昔の人の知恵ってすごいなって思います。

















イソトマ


すっきりとシンプルで、決して華やかではないが
妖艶な美しさを秘めている印象のこの花。


イソトマという名前で

花言葉は「強烈な誘惑」だとか。
















きれい色


最近“きれい色”の食べ物がやたらと欲しくなり
ちょっぴり料理に凝ったりしています。


食べて美味しいのは、もちろんうれしいのですが
見てたのしみたいなーって。

買い物へ行っても
黄色や赤のパプリカに目がいってしまいます。

“きれい色”はこころも元気になります!




おまけのいちまい
先日友人とレストランで食事をしたときの一品で
「魚介類のマリネ」です。

レストランが白熱灯だったのと
携帯カメラで撮ったので、よく写っていませんが

ソースがライムで作ってあって
とてもきれいな緑色でした。
















       前回でしずくの写真をお借りしたのですが
       水には不思議を感じることがよくあります。

       はっぱについてる水滴って
       はっぱから落ちないようにうまく動かすと
       コロコロっと転がって
       その様が、見ていて飽きないんです。














七夕の季節がやってきました。
私の地元の商店街には
たくさんの七夕飾りが飾られています。

あなたはどんな願いごとをしますか。










少し前に知人と話をしていて
恐竜の話題になったときに

ふっと
「恐竜と人って
共存した時期がないんだなー」って

当たり前のことなんだけど
ヘンに新鮮に感じたことがあるんです。

そんなふうに考えると
誰一人として見たこともない恐竜の
本当の姿や、声や歩き方って
どんな感じだったんだろう、と。

私たちの祖先が生きていた頃より
はるか昔のことに

思いを馳せていました。











Click Here!    色ってそのときの気分で、心地よい色って違ってきますね。

   これは選んだ色であなたを占ってくれます。

   好きな色を
手元において、ながめているだけでもほっとします。

   今のあなたはどんな色に惹かれますか。


Back