つうのひとりごと




*5*









魔法の薬

この素材の名前は「魔法の薬」
このすてきなネーミングに惹かれて 思わずお借りしてしまいました。

もし・・・ 魔法の薬があって それを飲むと
ひとつだけ どんな願いも叶えてもらえるとしたら
あなたはどんな願いを叶えてもらいますか。














私の住んでいるところは田舎なので、星がよく見えます。
ある日、酔っ払ってデッキに座って星を見ていたのですが
チラっと横をみると芝生があり、「これはいいっ!」
と、ねっころがって星を見ていて
いつのまにか寝てしまっていた・・
という、恥ずかしい経験があります。





あなたの住んでいるところでは
空に星が見えますか。
     
たまには空を見上げて
 星をながめてみませんか。
















   「ピアスをしてみたい」って、ずっと思っているのですが
   耳に穴をあけることができずに
   いまだにつけたことがないんです。
   その理由を聞かれると
   「親からもらった身体を傷つけるなんてできない」
   などと答えているのですが、
   実は耳に穴をあけるのがこわいだけなんです。













一輪だけで
妖艶な華やかさを 醸しだしている
赤いユリ

この大きな存在感には
嫉妬さえおぼえてしまいます。











 

 
なにかで聞いたことがあります。

  言いたくても言えないとき・・
  言わないほうがいいと判断したとき・・
  口元まで出たその言葉を
  大きな玉にして
  「ぐっ!」と飲み込む、と。

  飲み込むときも
  飲み込んだあとも
  少し痛みは感じるのだけど・・・。

  年齢を重ねてゆけばゆくほど
  大きな玉を飲み込む回数が増え
  自分自身で自分を不自由に
  してしまっているような気がします。

  自由でありたい、と思う気持ちとは裏腹に・・・。













にらみ合い



2ひきのとかげが、30センチくらいの間隔を置いてにらみ合いをしている・・
という、すごい(?)場面に遭遇したことがあるんです。

お互いじぃーっと相手をうかがっている様子で、片方がほんの少し動くと、
もう片方も
即、反応して動くという緊迫したなか
これからどんな戦いが繰り広げられるのか・・と、まんじりともせずに見入っていたのですが
一台の車の浸入によって、戦いはあっけなく不戦のままおわってしまったのでした。

しかし、まんじりともせずに「○○○座り」をして、見入っていた私の姿って。。。(^_^;


             








微睡〈まどろみ)


休日の前夜は 
いつもより少しだけお酒の量が増えて
翌朝はいつまでもベットのなかで
まどろんでいたい

そんなとき
そばにきみがいたなら
どんなにぼくは・・・















Click Here!    色ってそのときの気分で、心地よい色って違ってきますね。

   これは選んだ色であなたを占ってくれます。

   好きな色を
手元において、ながめているだけでもほっとします。

   今のあなたはどんな色に惹かれますか。

Back