つうのひとりごと



*6*




時計草

古本屋に勤めていたとき、売り物でお店に置いてあった
50年近く前の随筆集に惹かれ衝動買いをしたことがあるのですが
その随筆集のなかに時計草の話があり、名前だけは知っていたのですが
こんなにエキゾチックな花とは思いませんでした。

英名では、パッション・フラワー(The Passion=キリストの受難)
スペインの宣教師たちが発見したときの印象から
名付けられたものだということです。













春になると道端でよく見かけるこのちっちゃな花が
こどもの頃だいすきでした。

しかし、恥ずかしながらこの花の名前を知ったのが
ここ最近なんです。

なまえは「イヌノフグリ」(オオイヌノフグリ)。

由来は犬の○○○○ににているところから
つけられたのだとか。
恥ずかしがりながら、友人が教えてくれました(^_^;












ほっとする、このことばには、脱帽で・・・
“やられたーっ!”って感じです。

このカードを見て
すっかり、私が癒されましたー。














おなじみ「TARさん」の
こだわりの遊び心です。

しかし・・・
ことばひとつで

そういうふうに見ると
そう見えてしまうから
ことばって、魔法ですね!






















   もうすぐ「こどもの日」ですねー。
   たまにはこんなかわいい素材を
   お借りしてみました。














      ジンはだいすきなお酒。

      この写真のボンベイサファイアもNo.TENも
      とっても美味しいジンです。

      先日横浜へ行く用があり、
      立ち寄ったBarで非買品(テスト品?)の
      洋ナシ入りのジンをいただいたのですが
      香っても飲んでもイマイチ。

      バーテンダーさんも
      「あんまりすきではない」とおっしゃっていて
      私の飲んだ感想は「ジンがかわいそう!」

      それを聞いたバーテンダーさんに
      「そういう表現をしたひとははじめてだ」って
      苦笑いされちゃいましたー。













    一日が始まれば

     あなたのことを想います。

     一日が終わるときも

     あなたのことを考えます。

     おれの心のあなたに・・・

     あなたの心をおれに・・・

     心はいつも、、、ともに。。。












Click Here!    色ってそのときの気分で、心地よい色って違ってきますね。

   これは選んだ色であなたを占ってくれます。

   好きな色を
手元において、ながめているだけでもほっとします。

   今のあなたはどんな色に惹かれますか。

Back