本当の自分へ還る旅



癒し上手 7 〜自分探し〜


自分探しってなに?



私の場合、つらい出来事があってから、自分を見つめることをはじめて
試行錯誤の結果、「自己確立」=仕事 にたどり着きました。

とは言っても、まだ具体的に「この仕事」というものにはたどり着いていませんが
「自分探し」というのは、本当にやりたい仕事(楽しんでやれること)を見つける
というのが私の答えでした。

そういう意味では、このサイトを立ち上げたことも私の「仕事」のひとつなんです。

しかし、私自身の場合以外で「自分探し」ってなんなんだろう?って思ったんです。
それでネットで「自分探し」で検索してみると、三万件以上が検索されました。

   自分らしく生きる
こと
   本当の自分に出逢うこと
   等身大の自分を見つけること・・・など

   自分って探す物なの?・・・とか
   「“自分探し”という言葉が嫌い」・・・という挑戦的な(?)ものまであって(^_^;

いろんな方の意見を見ていると、この「自分探し」ということを自分なりにどう伝えていけばよいのか
なんだかわかんなくなってきて、「自分探し」の章は当分、空白のままでした。


前に進まず、悶々としていたある日偶然、あることばに出逢いました。


    何を見つけるのか?それは本当の自分自身、ではない。
    そんなわけのわからないものではない。
    生きていくための武器、つまり将来の仕事だ。
    誰にも頼らずに、一人で生きていけるための仕事。
    それを見つけることができれば、自分に自信を持つことができて、
    少しづつ、他人との距離感がわかってきて、人間関係を築けるようになる。

                ―13歳のハローワーク   村上龍 (絵)はまのゆか  幻冬舎―


これは「13歳のハローワーク」という本中で、心が傷ついている子どもの話として
村上さんがおっしゃっているんです。


この言葉を目にしたとき、ドキッとし、そして、確信しました。
自分探しは自分自身をみつける―なんてわけのわからないものではなく、仕事を見つけることなんだ、と。

あともうひとつ、背中を押してもらったことばが
さっきの「自分探しという言葉が嫌い」という挑戦的な(?)言葉で



   「自分は何だろう、もしくは何をやりたいかなんてすぐになんか見つからないですし
    自分探しなんて一生つづけていく当たり前のことで、―中略― 
    “自分のやりたい事”“自分の考え”“自分のスタイル”“自分の個性”....
    みんな自分がとっても大事なのはわかるけど、もう“自分”なんて訳の解らないものに
    禅問答のように執着してるんじゃなくって、とにかくまず何かひとつ仕事して、
    生活の糧を得てみたら、一歩踏み出してアクションしてみたらどうでしょう。」
    
                                    [Message より一部抜粋]


と、いうものでした。

この、おふたりが共通しておっしゃっている自分探しとは
“自分などというわけのわからないモノ”ではなく仕事なんだ、と。
偶然目にすることのできた、このことばたちによって、私は確信し、背中を押してもらいました。

自分探しについては、いろんな意見があって
どれが正しいとか間違っているとか、白黒つけられないことだと思います。
私は特別な勉強も研究もしていないので、偉そうなことは言えなくて
ただ、自分の経験をあなたへお伝えしています。
そして、私の経験から言えることは、自分探し=やりたい仕事(打ち込めるもの)だと思っています。
いろんな事情(たとえば専業主婦の方など)で、仕事はできないあなたでも
自分が打ち込めるなにかを見つけることは、自分探しにつながると私は思います。

このように偉そうに書いてきましたが(^_^; 私自身「好きなこと」「やりたいこと」と言われたとき
「なにが好き?」と自問自答してもすぐには答えは見つかりませんでした。
そこでヒントとして

  @毎日続けていること
  A楽しいと思ってやっていること

このふたつを考えてみました。

@の毎日続けていること、というのは私にとって、よいヒントになりました。
毎日続けていることって結構少ないし、好きでないと続けられませんよね。
この毎日続けていることが、直接やりたいことにつながるか、そうでなくてもそこから広がって
間接的にでも、やりたいことにつながると思います。よく考えてみてください。

Aの楽しいと思ってやってること、というのは@と同じようなことです。
楽しいって思ってないと、毎日続けられませんから。


こんなんで、ヒントになったでしょうか(^_^;

ちなみに私の場合は、毎日続けていることはパソコンをさわること。
そして、楽しいと思ってやっていることは、文章を書くこと(下手ですが(^^ゞ)。
そして、「ほっとする場所を創りたい」という漠然とした思いは、ずっとありました。

これに関しては「落ち着いたバーで働いて、お客さんにほっとしてもらえたら」なんて思ったこともあって
カクテルの名前とか作り方も勉強しかけたことがあるのですが、長続きしませんでした(^^ゞ
そしてたどり着いたのが、このサイトでした。
このサイトは仕事とは言えませんが、これだけ打ち込めてやれることがあるというのは
とてもすてきなことだと思っています。

しかし・・・機械オンチの私が、まさかサイトを創るようになるとは夢にも思っていませんでした。
ほんとうにド・ド・ド素人で・・・(笑)
わかってしまえばなんてことないことに、一日がかりで悪戦苦闘してみたり・・
なんてこともしょっちゅうありますが
これもサイト創り(自分がやりたいこと)という目標があるから、やれることだと思います。

これは私が特別なのではなくて、きっとあなただってそうなんです。
好きなことをやるには、多少の苦労は苦労とも思わないものです。

あなたも、好きで好きでしょうがないことがきっとあるはずです。よく考えてみてください。

そして、もう少しヒントが欲しいあなたには
     
     ―13歳のハローワーク   村上龍 (絵)はまのゆか  幻冬舎―

 
をおすすめします。

これは題名のとおり、13歳に向けて書かれているものですが
大人が読んでもヒントはたくさんあると思います。
私も読ませていただきましたが、読んでいて「はっ」とさせられることや
当たり前のことのように思っていたことに、改めて気付かされたりする箇所もありました。


また自分の話に戻って恐縮ですが、私はこれからもこのサイトを運営させていっているうちに
どんどん新しい自分がみつかってくるのだと思っています。

あなたにも、打ち込めるなにかが見つかりますように(*^_^*)



おすすめの本!!
天職獲得ノート―自信がわいてくる!自分戦略ワークブック
「本当に自分にあった仕事とは?」を心理学に基づいた20のワークで解き明かす。
学生やキャリアを考える人のための自分発見ノートです。








Back