癒し上手 2 〜癒しの練習〜



心の中の「受け皿」




受け皿


私が読んでいるメルマガで「今日のフォーカスチェンジ〜気づきのメッセージ〜」
というのがあるのですが、
このフォーカスチェンジの中で一番印象に残っているのが

『感情が動くのは、その「受け皿」を自分がもっているから(第33号)』

というお話です。

感情が動くということは、相手からの言葉(行動)にたいして
反応する「受け皿」を自分がもっているのだ、と。

腹がたったり悲しかったりしたとき、自分の心のなかの受け皿に目を向け
その小さなお皿の中の「感情」というスープを
、静かに流すか
あるいはぽーんと放り投げてしまうそうです。

「受け皿」がなければ感情は動かないことを知っているから―

と、かめおかさんはおっしゃいます。

この話を読んで私は“自分のお皿”をすぐイメージしました。

私のお皿はトルコ石のようなつるっとした質感と色で
形は小さな浅くゆるやかな曲線のスープ皿って感じです。

このお皿に感情という液体(ときにはサラサラの砂だったりします)
を入れて、そっと流すイメージを思い浮かべます。
そうすると心が落ち着いてきます。

みなさんのお皿はどんなお皿でしょう。
ためしに自分のお皿をイメージして、作ってみてはいかがですか。



参照:「今日のフォーカスチェンジ」 http://homepage3.nifty.com/kaishin-juku/melma/melma.htm



Back