癒し上手 2 〜癒しの練習〜




人に振りまわされないために 







     毎日生活をしていると、必ず誰かと接すると思うのですが
     人とうまくいってるときもあれば、イヤな気分になってしまうこともありますよね。

     うまくいってるときはいいのですが、相手のちょっとした一言が気になったり
     カチンときたり、ということは誰にでもあると思います。

     そんなとき、つい言い返したり、口に出さなくても心の中でイヤな気分になったり…
     あまり感じたくない気持ちですよね。

     実は先日、私もイヤな気持ちになった出来事がありました。

     そんなときタイミングよく、すてきな言葉に出会いました。




          自分の考え方を訓練するのを怠けていると
          いつでも感情に振り回される不安定な人になってしまう。
          それは、誰か他の人の気分に振り回されているのではない。
          本当の原因は、他人の気分に対して
          感情的に反応してしまう自分に、振り回されていることだ。

                           スティーヴ・チャンドラー著
                           あなたが自分についている17の嘘 より




     この言葉だけで充分かもしれませんが、この言葉を読んで
     私自身が、自分でもっとわかりやすいように…と考えてみたので
     それをご紹介します。


     人の態度や言葉に振りまわされるということは
     そのことに対して、そのとき「自分に集中している」状態だと思うんです。

     そしてそうならないためには、自分にではなく「相手に集中」すればいいのかな、と。
     例えば、相手がなぜそういう態度をとっているのか、その言葉を言っているのか…
     といった感じで、相手のことを考えるようにすると
     感情的にならず、そこで少し冷静になれるかな、と思ったのと
     相手の立場になって考えるということは
     結果として自分のためにもなることのようにも思えました。


     そして余談ですが、この逆で
     自分が何か行動を起こすときには、「自分の態度や言葉に集中」し
     相手に与える影響をつねに考えられるようになれれば
     自分が他人に対してイヤな気分にさせることも少なくなるのかな、
     と、そんなふうに感じました。

     そしてこの二つのことは相乗していて
     自分が相手(または相手が自分)をイヤな気分にさせてしまったことで
     相手(または自分)からも同じようなことを受け取る結果になるケースも多いのかなーと思いました。
     (今回の私の場合がそうだったように思います(^^;) 

     人間関係は難しいですが、少しでもお互いに心地よく暮らしてゆけたら
     とてもハッピーですよねー。


     少しでもなにかヒントになれば、とてもうれしいです。








Back